読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Weekend Painter - Aya Sakagami

ちまたでじろうちゃんとよばれる、週末画家の活動のお知らせです。

www.flickr.com

2015年の年賀状支度

年末がやって来ました。一昨日まで仕事だったので普通の日のように過ごしています。お正月を迎える実感があまりわきません。昨年の記事を振り返っていましたが、やっぱり厳しい一年でした。おもに仕事がですが……。

年賀状は、自分は結局書けていなくて(かわりに年賀絵を描きましたのでSNSやブログにアップします!)なぜか誰かの年賀状のために絵を描いていました。※フリッカーには載せません。

f:id:skgm26:20151231195334j:plain

実家に帰るなり還暦を迎える両親のために申年のサルをかけて、iPadでゴリゴリ描いたり、
(勝手に使われないように、透かしを入れています。どうか、ご配慮をお願いします)

f:id:skgm26:20151231195512j:plain

こちらはマジックと色鉛筆で。急ごしらえにしては良い感じ?
(こちらも勝手に使われないよう、透かしを入れています。どうか、ご配慮をお願いします)

私にとっては絵を描くことは「自己表現」の1つだと考えていて、過去にイラストを描いて欲しいと頼まれて描いたのはいいが微妙なニュアンスの違いで何度も書き直しをいわれて精神的に苦痛だった経験があり、イラストレーターはこりゃ無理だな〜と思うと同時にプロのイラストレーターさんの仕事を尊敬したものです。

誰かのために自分の力を、与えたり受け取ったりすること、コレを助けあって生きていくことの基本なのだなあと、この年賀状のイラストを書いた時や、本職の勉強会や星ヶ丘に行ったりした時に、つくづく感じております。

私ができるのは、自分の表現活動と、表現活動やデザイン事務所での仕事でやってきたことを通じて、誰かの表現の手助けをすることです。あんまり生活には関係なく役に立たないし、ものすごく些細なことしかできませんが、大事に育てていきたいことです。

実力が足りていなくて失敗したり、「誰かの表現を手助けする」ことと「自分を表現する」葛藤がつらいこともありますが……人に喜んでもらえたり役に立ったりすることはとてもうれしいです。

来年は厄年らしいので更に厳しい年になるかもしれません。
びくびくしつつも、「誰かのために自分ができること」をもっと大事にして、もっと与えられる分量やできることを増やしていけたらなあと思う年の瀬でした。

ZINEめっちゃ作りたい

ここのところずーっとZINEが作りたい作りたいと思っているわけです。

ZINE DAY OSAKA に行ってきました。

谷このみさんを訪ね、いろいろ話したり、ZINEを見せてもらったり、隣の方が撤収したのをいいことに似顔絵を描いてもらったり、なぜか最後には店番をしたりごはんをたべたりしました。

現地でも色々と買い物をしたんですが、頂いたものも含め、旅とか鞄とかドローイングとか自分の好きなモノを買ってました。テーマは決まっていないようでしたがそれもまたよし(TOKYO ART BOOK FAIRなど決まってるとアートを見る目になる)で、お菓子やコーヒーも売っててワークショップもやっていて祭りでした。

あんまりZINEのカルチャーを知らなかったのですが、その昔やっていた同人誌より造本も内容も自由で、読むひと描くひとはじめZINEにまつわるひとびとの距離が近く、何も知らない人がフラ〜っと入ってきてもいいような感じで、そういう人が自分の好きなモノを発見する楽しさがありそうでした。(本がすこしでも好きってことが前提ですが)

何人かのお知り合いが参加しているzine部さんの部誌の記事で、部員=作る人の考えがありまして、熱くておもしろくてかわいくて、同じつくり手としてそうなんだよなーといとおしくなりました。
zine部さんはzine作りワークショップもされていました。自分の好きなものを寄せ集めたりして(最近はスマホのおかげでやりやすくなったし)、それらが新しい小さくてかわいいパッケージが出来上がって、本作るって大層だけどZINEは誰でもつくれる!って背中を押してくれる。

誰でも作れるからこそのああいう自由さがあるのかもしれません。

ああやっぱり本は良いなぁ、と改めて思いました。
本というカタチで思いを伝えたり表現したりするといいますか、簡単な作り方だと紙の束をホッチキスでパチン、シンプルにページに綴るという方法で、流れる時間とか表現したいこととかを詰め込んだ、1冊のちいさな世界を、読み手の手に直に渡すのが素敵だなぁと思うのです。ブログやFlickr見て!では感じられない温度がそこにあって。

いま私は、絵や言葉を通して表現したいテーマがあって、それをZINEにできやしないだろうかと画策中で、思い出したことをケータイにメモる日々です。
いつしかちゃんと大きい作品描いてZINEにまとめたいなーと。まずはドローイング描きためて小さい本からつくりたいな。夢ばかり膨らんでいます。そんな大層にならんでええのに。

おたより絵封筒展 2015に参加します

もう始まってしまってるのですが、絵を書いた封筒「絵封筒」の公募展「おたより 絵封筒展 2015」に参加します。
西宮→東京→大阪、3ヶ所巡回です。お時間ありましたらぜひいらしてくださいませ。

はい、前回の記事絵封筒をつくっておりました。

f:id:skgm26:20151004205912j:plain

今年はトレーシングペーパーの封筒を使いました。コレは中身。作品のテーマは「G○○gle」です。手紙とはぜんぜん関係ありませんし、色がまんまです!こらこらー!

点字の記念切手を使っているのですが、目の見えない方が点字で○○れたらいいのにとか、○○れたら頭のなかにどんなキラキラした世界が広がるのだろうというものです。
実際に目の不自由な方とお話したことがないので、見る人が見たら怒られるんじゃないかとややドギマギしていますが…。
手触りを使って言葉を伝える点字を読み取ることで浮かぶ、その人なりのイメージがあって、どんなふうにイメージするのだろうと思います。テレビで、アメリカの目の不自由な野球の解説者が紹介されていたのですが、「(自分たちとは違う)その方の野球のイメージがあるんですね」という感想?がすごく面白かったなと。

作品は会期終了後Flickrにアップします。
この展示も今回で最後らしくもっと参加したかったなーとおもいます。

オープニングパーティーにも参加したので、また感想を載せられたらなと思います。


【兵庫(西宮)会場】

  • 〈期間〉10.1(木)〜11(日)※月火水曜定休(10/5,6,7)
  • 〈時間〉木金13:00〜20:00 土日11:00〜18:00
  • 〈会場〉galerie6c

【東京(表参道)会場】

  • 〈期間〉10.23(金)〜11.1(日)
  • 〈時間〉11:00〜18:00
  • 〈会場〉ハグルマ封筒 ショールーム東京表参道

【大阪(心斎橋)会場】

  • 〈期間〉11.21(土)〜29(日)
  • 〈時間〉13:00〜19:00
  • 〈会場〉Carta Bianca(Winged Wheel 心斎橋2F)

公式フェイスブックページ

おたより〜絵封筒展〜 | Facebook

www.facebook.com